たまり場回避の対応策

病院の待合室であるのにもかかわらず、お年寄りの楽しそうな日常会話が会話がワイワイと響いているときがあります。
よほど具合が悪くなければ病院に来ない若い世代の人たちに比べ、お年よりは症状があまり出ない、糖尿病や高血圧症など、治療より管理の必要な病気を持った人や、症状がゆっくりと進行していく慢性疾患が多いため、病気を持っているのにもかかわらず、病気に見えないので勘違いされやすいのだといえます。
また、高齢者の場合、自分で車などを運転してくることが難しいため、バスや電車、送迎の人についてきてもらうことが多いです。
大きな病院になると診察まで時間がかかることも考えられるので、送ってきた人たちも診察が終わるころまでどこかで時間をつぶすことになります。
そのため、診察が終わってバスや電車の時間や迎えの人が車でも待合室でおしゃべりしながら待っていることが多いのです。
こういったことから特に混雑するような病院では、本当に具合の悪い人が座っていられず、立って待たされるという現象もおきています。
こうしたことを防ぐため、病院側も対策を立てているところもあります。
病院のすぐ近くに、診察が終わった人たちがそこで話をしたり、好きなものを食べたりしながら待つことができるような空間を作ったり、慢性疾患の患者さんは予約制にして、症状の悪い人を優先して診察するなどです。
病院は病気を診察、治療する場所であっておしゃべりを楽しむ場所ではありません。
憩いの場と化してしまわないような対策を講じていくことで周囲の患者さんへの悪影響を軽減させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です